webライター

副業ライターの始め方!webライター初心者が5万円を稼ぐ方法

副業ライター ウェブライター

副業を始めようと思った時に思い浮かぶことの多い「webライター」というお仕事。

副業でライターをしている人も多く、隙間時間で稼ぐことのできる副業として人気を集めています。また、webライターは、資格が必要ないのも人気の理由かもしれません。

クラウドソーシング(ネット上で仕事を受注発注できるサービス)などを利用すれば、誰でも比較的簡単に始めることができるため人気がある職業の一つです。

しかし、「誰でも簡単に始められる=簡単な仕事」というわけではありません。ウェブライターとして副業を成功させる為には、様々な知識やスキル、努力も必要です。

今回はwebライターの仕事内容をはじめ、実際に5万円稼ぐまでの具体的な手順を紹介していきます!

ウェブライティングってどんなお仕事?

副業ライター 仕事内容

ウェブライティングとは、ウェブ上に掲載される文章を書くお仕事です。

コラムやニュース、インタビュー記事やブログの代筆、ECサイト(例えは楽天やAmazon)の商品説明など、執筆する内容は多岐に渡ります

ウェブライターは副業として非常に人気がありますが、クラウドソーシングで発注される記事単価は1文字1〜2円ほど(もっと高い単価も低い単価もあります)。

1文字1円の場合、2,000文字書いて2,000円の収入です。

副業に割くことができる時間がどのくらいあるのかは人によって違うと思いますが、執筆する為に必要な調べ物をする時間も合わせ、週に3本、月に12本納品したとすると一ヶ月で24,000円になります。

この金額が多いと思うか、少ないと思うかは、人それぞれかもしれませんね。

また、誰しも得意な分野というのがあるはずなので、自分の得意な分野で執筆をしていけば調べる時間は少なくてすみますし、質の高い記事を書きやすいので稼ぎやすいです。

副業でライターをするのが向いている人とは?

文章を書くことが好きな人…というのは大前提かもしれませんが、それと同じくらい「人とコミュニケーションを取ることが好きな人、苦にならない人」はライターをするのに向いています。

文章を書くのにコミュニケーションは必要なのか?と思うかもしれませんが、クラウドソーシングで受注するだけでなく、それ以上に稼ぎたいという場合は自分で営業して商談することもあります。

クライアントとのやり取り、取材先でのやり取りなど、ライターはとにかくたくさんの人と同時に関わることが多いのです。そしてそのコミュニケーションの中から、新しい情報や次に繋がる仕事が舞い込んでくるのです。

もう一つは、「自己管理がしっかりとできる人」です。

会社と違って就業時間等の決まりがあるわけではないので、常に自分で時間や仕事の管理をしなくてはいけません。本業にも差し障りがないよう、計画性を持って取り組まないと次第に苦しくなります。

副業でライターを始めるために必要なスキルとは?

前述した通り、ライターに資格は必要ありませんが、必要なスキル、持っていた方が有利になるスキルはいくらでもあります。

「文章を書く・クライアントとやり取りをする」というところで、ワード、エクセル、メールやSNS、チャット、スカイプなどを使うことができれば、とりあえず仕事はできます。

さらに、持っていた方が有利になるスキルはSEOに関する知識です。

SEOとは「検索エンジンの最適化」という意味で、簡単に説明するとGoogleやYahoo!などの検索サイトで読者がキーワード検索した時に、自分が書いた記事が検索上位に表示されるようにするためのスキルです。

SEO対策を適切に実行できれば、収入アップにつながります。クライアントはより多くの人に自社や商品を紹介したいわけですから、アクセス数が伸びる記事を書けるライターは重宝されるというわけです。

その他にも、デジカメラの撮影技術やフォトショップなどの加工技術があると良いですね。よほど単価の高い案件でない限り、カメラマンを使うことができませんので、取材写真も自分で撮って加工する場合が多いからです。

また、フォトショップできれいな素材を自分で用意することができれば、クライアントからさらに喜ばれることでしょう。

費用(初期投資)はかかるの?

クラウドソーシングでウェブライターを始める場合は、パソコンとネット環境さえ整っていれば、他にかかる費用は特にありません。

あとはノートやペンなど、細かい文房具を揃えるくらいでしょうか。

しかし、外へ出て取材へ行く場合には、デジカメやボイスレコーダーが必要になります。ボイスレコーダーは1万円以内で買えますし、デジカメもプロのカメラマンが使用するような高価なものは必要ありません。

例えば、YAMAZENが販売している以下の3,000円で買えるボイスレコーダーで十分です。

YEMENREN 8GB ボイスレコーダー ICレコーダー 録音機

amazon

副業でWEBライターはいくらくらい稼げるの?

ウェブライターの報酬は、どのような形で仕事を請けているかによって大きく違ってきます。クラウドソーシングでも、良い記事が書けるようになれば単価アップの交渉も応じてくれますので、文字単価5円以上の記事が書けるようになれば月に10万以上稼ぐこともできると思います。

また、得意ジャンルを一つ作り、それに特化した記事を書けるようになると単価も上がります。どんなネタでも良いので専門分野をつくることは大きな強みになります。

素人ライターが月5万円を稼ぐための具体的な手順を全て公開します

副業ライター 稼ぐ 手順

ここまで副業でウェブライターをする上で必要なスキルや費用、稼げる金額を紹介してきましたが、ここからはもう一歩踏み込んで、5万円を稼ぐ具体的な手順を公開します。

副業でウェブライターを考えている人は参考にしてくださいね!

手順1:クラウドソーシングサイトへ登録する

ウェブライターを始めるにあたっては、企業からライティングの仕事を受注する必要があります。

とはいえ、いきなり企業に連絡を取って仕事を受注するのは難しいので、クラウドソーシングという企業と働く人をマッチングするサイトを使います。クラウドソーシングでは中小企業をはじめ、大手企業の案件もありますので、自分の好みに合わせて仕事を受注することができます。

また、クラウドソーシングサイトは数多くあるのですが、企業が多いサイトの方が案件も多いので、まずはクラウドワークスに登録するのがおすすめです。

クラウドワークス

クラウドソーシングサイトへ登録するところから始めましょう。

手順2:まずはタスク形式で慣れよう

クラウドソーシングに登録が完了したら、ウェブライターのお仕事としては、「タスク形式」と「プロジェクト形式」という2つの形式があることがわかると思います。

結論から言うと、プロジェクト形式の方が圧倒的に稼ぎやすいです。

ただし、駆け出しのウェブライターは書くこと自体に慣れていないことが多いので、まずはタスク形式で書くことに慣れるのがおすすめ。目安としては、10~15件程度タスク形式をこなすといいでしょう。

ちなみに、タスク形式とは、その名の通りタスクのように決まり切った文章を書くお仕事です。自分で文章を考える必要性が低いため、ライターとしての難易度は低いですが、その分報酬も少ないです。例えば、500文字100円というお小遣い稼ぎにもならないような仕事が多いのがタスク形式の特徴です。

手順3:プロジェクト方式で執筆する

タスク形式で慣れてきたら、次にプロジェクト形式でのライティングをはじめてみましょう。

プロジェクト形式は、企業が募集している案件にライターが提案をして、記事を執筆するお仕事です。企業の募集に合わせて文章の構成や記事内容を考える必要があるので難易度は高いですが、やりがいや報酬も高いです。最初は1文字1~2円のものが多いですが、実績を積めば1文字5~10円になります。

プロジェクト形式で仕事を受注する際は、すでに知識のある得意分野で進めのがポイントです。

例えば、

  • 保険業界で働いている人が保険の記事を執筆する
  • 金融業界で働いている人が株や投資の記事を執筆する
  • エステ業界で働いている人が美容の記事を執筆する

手順4:高評価を積み上げる

1文字数円を超える高単価の案件を受注するためには、高評価を積み上げる必要があります。

企業の立場になればわかると思いますが、実績もないライターさんに高い単価の案件をお願いすることはありません。正直なところ、安い単価で仕事を請け負ってくれるウェブライターは数多くいるため、実績や特色がなければ高単価案件は取れません。

最初は安い単価でも仕事を受注して、実績を積み上げることに集中しましょう。

ウェブライターが高評価を積み上げるポイントとしては主に3つ。

  • 即レス:相手からのメッセージにはすぐに返信する
  • 納期を守る:数日前に納品できればグッド
  • 提案:言われたことを書くだけではなく、提案する

一度でも高単価の案件を受注できると、その後もその価格が基準になるため、高単価の案件を受注しやすくなり、非常に稼ぎやすくなります。

例えば、1文字2円の案件を受注できれば、1記事3,000文字書いて6,000円です。週に2本、月に8本書けば4.8万円と約5万円の副収入になります。

1文字5円以上の案件を獲得するのはかなり難しいですが、1文字2円前後であれば副業ライターでも十分に獲得できる単価です。まずは1文字2円を目安にライティングをしていきましょう。

あわせて読みたい
副業 ウェブライター webライター
副業で20万円稼ぐウェブライターがおすすめするライター向けクラウドソーシング5選!おすすめのクラウドソーシング5選 初心者でも始めやすい副業の「ウェブライター」ですが、数あるクラウドソーシングサイトの中で利用しやすく...

ライティングの知識を身につけるためのおすすめ本

副業ライターを始めるにあたって、ウェブライティング初心者におすすめの書籍を紹介しておきます。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング
「文章を書くのが苦手だな」と苦手意識を持っている人にまず読んでほしい1冊
ウェブライターとしてだけでなく、人生のあらゆるところで活用できるライティングのスキルを身につけることができます。
おすすめ度
難易度
価格 1,404円

公式ページ

20歳の自分に受けさせたい文章講義
20歳の自分に受けさせたい文章講義
文章の構成を考える上で参考になり、特にプロジェクト形式の案件で稼ぎたいと思っている人におすすめの1冊です。
おすすめ度
難易度
価格 888円

公式ページ

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
ここまで紹介した2冊は、ウェブに特化していない文章の書き方全般についての本ですが、最後の1冊は Webライティングに特化した本です。
高単価の案件を受注するためにも、SEOを理解しておくことは非常に大切です。
沈黙のWebライティングはSEOで数々の実績を残している松尾さんという方が書かれた本で、実践的なノウハウが詰まっているのでおすすめです。
SEOの本を一冊読むのであれば、この本を読んでみてください♪
おすすめ度
難易度
価格 2,160円

公式ページ