サラリーマン

ダブルワークとは?副業との違いとWワークをする上での注意点

ダブルワーク 副業

副業解禁が騒がれる昨今、新しい働き方のダブルワークが注目を集めています。

副業とダブルワーク、似ているようで実は少し違います。ダブルワークの働き方をはじめ、メリット・デメリット、税金、雇用保険、ダブルワークで人気のアルバイトなど、ダブルワークについて解説していきます!

ダブルワークとは?

ダブルワーク とは
ダブルワークとは、大まかに言えば2つ以上の仕事を掛け持ちする状態のことを言います。

「正規雇用ではない」2つ以上のバイトを掛け持ちしている状態のこともダブルワークと言いますし、「正規雇用」の本業を持ちながらプライベートな時間で副業することもダブルワークと言う事があります。

自分で起業していながら、他にも仕事を持っている場合もダブルワークです。

雇用形態に関わらず、2つ以上の仕事を持っている状態のことをダブルワークと言うのです。

副業とダブルワークは何が違うの?

正規雇用の本業を持ちながら、プライベートの時間でバイトする場合には「副業」という言葉を使うことが多くあります。

副業というのは、本業に生活の重心を置きつつお小遣い稼ぎや生活費の足しにするためにバイトをするといった意味合いが強くなります。

一方でダブルワークの場合は双方の仕事にかける労力や時間に差異がない場合に多く使われます。

なので、一般的には2つ以上のバイトを掛け持つことをダブルワークと呼び、正規雇用の本業の傍らバイトなどで副収入を得ることを副業と呼びます。

ダブルワークをするメリット・デメリット

副業 ダメ
ダブルワークをする場合の1番のメリットは収入が増えることです。単純に考えても仕事が1つから2つに増えるので、収入も増えます。

また、仕事を増やすということは、その分知識や経験が増え人脈も広がることが期待できます

ダブルワークをするうえでのデメリットとして一番に挙げられるのはスケジュール管理の難しさかもしれません。

どんな仕事でも不測の事態が起きることがあります。一方の仕事でトラブルが発生した場合や勤務時間が長引いてしまった時にはもう一方の仕事へ影響を及ぼすことも考えなければなりません。

また、仕事が増えるということは勤務時間が増え、プライベートな時間が減るということです。その分心身ともに疲労がたまりやすいので体調管理にもより一層の注意を払わなければなりません

ダブルワークをする上で気をつけたい3つのポイント

ダブルワーク 副業 ワークライフバランス

1.メインの勤務先・アルバイト先の就業規則を確認

ダブルワークを始める前に、必ず勤務先の就業規則を確認するようにしましょう。副業を禁止する記述がある場合、会社に隠して副業することはトラブルの原因になります。もし副業が発覚した場合には何らかの注意や処罰を受けることもあります。

就業規則に、はっきりとした副業についての記述がない場合でも、不要なトラブルを避けるためにも事前に上司に相談した方がいいでしょう。

あわせて読みたい
副業禁止 サラリーマン
副業禁止に強制力はあるの?サラリーマンが副業を始める前に知っておくべき法律の知識就業規則の副業禁止に拘束力はない?実は法律上はOKな副業 会社の就業規則で「副業禁止」となっている場合、副業が会社にバレてトラブルにな...

2.雇用保険などの加入先を確認

ダブルワークをするときに気をつけたいのが雇用保険です。雇用保険は1ヶ所からしか入れないため、必ずどちらの会社から加入するか確認しておきましょう。

また、一方の会社に黙ってダブルワークをする場合、雇用保険が原因で副業がバレる危険性は非常に高いです。バレたくないという人は以下を参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
ダブルワーク 雇用保険
ダブルワークをしている時の雇用保険はどうなる?副業と雇用保険の関係を解説複数の会社からお給料をもらっている方にとって気になる税金や雇用保険。 ダブルワーク(副業)をしていると税金や雇用保険の手続きをどう...

3.本当に両立は可能?身体を壊さないように気をつけよう

ダブルワークを始めるにあたって心配なことの一つが体調管理とスケジュールの管理です。

本業がある場合には、勤務時間が被らないようにすることが必須です。ダブルワークを始めることで本業に影響がでることは絶対に避けるべきです。

ダブルワークを始めるとプライベートの時間が必然的に減ってしまいます。今までは仕事の疲れを癒していた時間も、ダブルワークにより減ってしまいます。更に新たな仕事のストレスなどで想像以上に心身が疲れることも考えられるので、より一層の体調管理が必要になります。

ダブルワークの代表的なお仕事

ダブルワーク 雇用保険

飲食店でアルバイト

ダブルワークの筆頭として挙げられる職種が飲食店です。昼間は本業の仕事がある人でも、夜は飲食店でバイトすることが可能ですし、接客の他にも調理や洗い場など人目に付かない職種があることも魅力的です。

深夜まで営業しているお店の場合は、混み具合によっては残業させられることもあるかもしれません。飲食店は想像以上に体力仕事なので、もう一方の仕事に差し支えないように気を付けることが必要です。

引っ越しなどの日雇い労働

引越しや交通整備の日雇い労働は、本業や一方のアルバイトが休みの日に単発で働きやすいので、ダブルワークとして選ぶ人も多いのではないでしょうか。

日雇い労働は基本的に春夏などの繁忙期に多くの求人があります。肉体労働がメインなので、体力に自信のない方は避けた方が無難です。

ダブルワークを始めたいけれどできるか心配、という方は試験監視やイベント受付、お歳暮お中元など季節行事の日雇い求人や短期のバイトから始めてみると良いかもしれません。

WEBライター

ダブルワークとして人気を集めだしているのが、ウェブライターです。一般的にはクラウドソーシングサイトに会員登録して記事を書きます。

なかでも気軽に始められるのは「タスク型」と呼ばれるライティング業務です。依頼人とのやり取りがなく、すぐに作業を始めることができる気軽さが人気です。

ただ、単価は低いのでひと月に数万円稼ぐとなると、かなりの数を書かなければむずかしいかもしれません。

あわせて読みたい
副業 ウェブライター webライター
副業で20万円稼ぐウェブライターがおすすめするライター向けクラウドソーシング5選!おすすめのクラウドソーシング5選 初心者でも始めやすい副業の「ウェブライター」ですが、数あるクラウドソーシングサイトの中で利用しやすく...

アフィリエイト

ダブルワークや副業としてアフェリエイトに興味がある人も多いのではないでしょうか。アフェリエイトとは自分のブログやサイトで商品を宣伝し、商品が売れたら企業から報酬を貰えるというものです。アフェリエイトの中には読者が広告をクリックした時点で報酬が発生するものもあります。

ブログやサイトを作る時間や知識が必要ですが、会社などに知られずダブルワークで稼ぎたいという人にアフェリエイトは適しているかもしれません。

FX/株式投資/仮想通貨

サラリーマンに人気のダブルワークがFXや株、仮想通貨などの投資です。

なかでも仮想通貨は右肩上がりのバブル相場と言われている状態です。24時間365日取引可能で、取引の時間に制限がないこともサラリーマンに人気の秘密かもしれません。

FXは外国為替の売買で利益を得ることを目的とします。1万円以下からでも取引が可能になっています。

株式投資は企業の株の取引になります。株の取引はFXや仮想通貨に比べて初期投資の金額が多く必要になります。

FX、株、仮想通貨に共通するのは会社などに知られずダブルワークができるということ、始めるにあたっての初期投資費用が必要だということです。

特技を活かしてダブルワーク(翻訳、イラストなど)

クラウドソーシングサイトに登録すれば、ライティングやイラスト、翻訳の仕事が数多くあります。

「プロとしては通用しないけれど」というレベルの文章やイラストでも、クラウドソーシングを利用すれば単価は低いですが収入を得ることが可能です。

モノ作りが得意であればハンドメイドサイトやフリーマーケットで販売し収入を得ることができます。

ダブルワークでは税金も気をつけよう

経費 副業
ダブルワークについてお話ししてきましたが、複数の仕事を持つイメージはつかめたでしょうか?

ダブルワークをする際は収入の面ばかりに目がいってしまいがちですが、税金面も気をつけなければいけません。特に一方の会社に内緒で行うダブルワークの場合、税金がもとでダブルワークがバレてしまうということもよくあります。

また、税金の納め忘れで脱税なんてことも・・・

ダブルワークで稼いだ分はきちんと納税するためにも、税金のことは理解しておきましょう。

あわせて読みたい
副業 税金 確定申告
副業の税金はいくらから?副業サラリーマンの知っておきたい所得税&住民税副業を始めるときに気になるのが『税金』ですよね。 サラリーマンの方で副業の収入(所得)がある場合、確定申告が必要になるケースがあり...