サラリーマン

パラレルワークとは?副業とは違う新しいおすすめの働き方

パラレルワーク とは

最近よく耳にするパラレルワーク

複数の仕事を同時に行うことを意味しますが、副業とは何が違うのでしょうか?

知っているようで知らないパラレルワークの具体的な働き方をはじめ、メリットやデメリットをご紹介します。

最近よく聞くパラレルワークとは?

パラレルワークとは、「並行」「並列」という意味で、複数の仕事を並行して行う働き方です。

独立コンサルタントの方が業種の異なる複数の案件に携わり、それぞれから報酬を得ている、といったようなイメージです。

副業とパラレルワークは何が違うの?

副業 パラレルワーク
複数の仕事を同時に行うという意味では、副業なのでは?と思われますが、一般的に副業とは収入の増加を目的として本業以外の仕事を行うことで、生計の主となる収入源(本業)が絶たれてしまえば副業を持っていたとしても、転職を余儀なくされます。

しかし、パラレルワークは主となる収入源が複数ある状態なので、一つのビジネスに依存することなく働くことができます。

パラレルワークのメリット

パラレルワーク メリッtお
パラレルワークの大きなメリットの一つは、リスクマネジメント(リスク回避)することができるという点です。

会社員の場合、雇用は会社がある程度保障してくれますが、個人事業主やフリーランスの場合は職を失うといったリスクマネジメントを自分で行わなければなりません。

1つの事業がうまくいかなくなっても、複数の収入源があることによって収入がゼロになってしまうというリスクを回避することができます。

また、いろいろなことにチャレンジできるというのもメリットです。キャリアアップしたいと考えている方にとって、会社に指示された仕事をこなすだけではなく、パラレルワークによって複数の業種に携わるということも選択肢の一つかもしれません。

パラレルワークのデメリット

パラレルワーク デメリット
しかしながら、パラレルワークは必ずしも良いことばかりではありません。

複数の仕事をこなすということは、心身への負担が非常に大きいものです。例えば、午前中は事務仕事、午後からは体力仕事…というように、マルチタスクは意外と疲れます。

結果、抱えている複数の仕事どれもがダメになってしまう場合もあります。

パラレルワークは注目されている働き方ではありますが、実践している人は会社員に比べて圧倒的に少ないという事実が、その両立の難しさを表しています。

また、「一つの仕事にコミットできない人が複数の仕事をこなせるのか?」「嫌な仕事から逃げているだけのでは?」などというマイナスイメージを持たれることもあります。

パラレルワークを成功させるためのポイント

パラレルワーク 成功
前述した通り、パラレルワークは副業とは違い、一つのビジネスに依存しない働き方です。しかし、裏を返せばどのビジネスでもそれなりの成果(報酬)を得ることができなければ、パラレルワーカーとして成功しているとは言えません。

パラレルワークを成功させるためには、タイムマネジメントや自己管理が非常に大事になってきます。「常に仕事の時間対効果を意識する」ことが大切です。一日の時間は誰もが平等に24時間しかないのですから、やみくもに仕事を抱えて家族や恋人、そして自分の楽しみを犠牲にしてしまっても意味がありません。

それぞれのビジネスを結びつけ、相乗効果を狙うことができれば更に効率よく収益を上げることもできるでしょう。

一見難しそうだなと思うかもしれませんが、パラレルワークは特殊な働き方ではありません。家事と仕事を両立している主婦たちは、言ってみればすでにパラレルワーカーです。

家事、育児、仕事…マルチタスクを日常的に使いこなしている彼女たちにしてみたら、なんてことないビジネススタイルなのかもしれません。