クラウドソーシング・専門職

クラウドワークスとは?評判やトラブル、使い方を徹底解説

ひと昔前までの在宅ワークと言えば1個数銭円の単価で行うシール貼りや付録の製作など、いわゆる「手仕事」が主流でした。

しかし近年の在宅ワークは、クラウドソーシングでパソコンを使った仕事を受注し、報酬を得る働き方に人気が集まっています。

クラウドソーシングとはインターネットを利用して不特定多数の人へ仕事を発注、受注することができるWEBサービスのこと。簡単に言うとお仕事マッチングサービスでしょうか。

しかし、顔の見えない多数の相手とネット上だけで仕事や金銭のやり取りをするのは少し怖い気もしますよね。

そこで今回は、クラウドソーシングサービスの一つ、クラウドワークスについてその評判やトラブル、使い方について解説します

クラウドワークスとは?

現在、クラウドソーシングサービスを行っている会社はいくつかありますが、その中でも国内最大級といわれているのがクラウドワークスです。

仕事の案件数や報酬等、他社と比べて選択肢に幅があるのが人気の理由でしょう。

しかし実際のところ、クラウドワークスで仕事をして希望どおりの報酬を誰もが得られるものなのでしょうか?クラウドワークスで稼げる金額などを見ていきましょう。

クラウドワークスは稼げるの?

クラウドワークスでは在宅で出来る仕事がほとんどですので、外へ働きに出ることができないママや主婦の人、副業として収入を得たいサラリーマン、フリーランスで独立している人が隙間の時間に受注したり等、クラウドワークスを利用する人は様々です。利用者の中には、クラウドワークスのみで生計を立てている人もいます。

いくら稼げればいいかというのは人によって違いますし、仕事の内容によって得られる報酬も大きく違います。

システム開発やデザイン制作など専門性の高い案件でしたら、クラウドワークスのみでも普通の会社員と同じくらい稼ぐことができるでしょう。

スキルや経験が全くなくても「経験不問」のライティングの仕事もありますので、まずはそこから始める人も多いようです。

ライティングの場合、文字単価0.5~1円の案件がほとんどで、例えば3000文字書くと
1,500円〜3,000円の報酬ということになります。

しかし、ライティング業務でも「プロ向け」の案件がありますので、経験を積めば文字単価1円以上の報酬を得ることも出来るようになります。

クラウドワークスでは仕事を検索する方法がいくつかあり、依頼形式、仕事のタイプ、スキル、ワークスタイルなどで絞り込んでくれるので他のサービスより探しやすいです。

クラウドワークスの評判

では、実際にクラウドワークスを利用している人たちからの評判はどうなのでしょうか?

案件数が豊富で自分にあった仕事が見つかる

前述したように、クラウドワークスは発注案件数が国内最大級ですので他のサービスよりも自分にあったお仕事を見つけることが可能です。

クラウドソーシングではお仕事を見つけるのに時間がかかってしまうということもありますが、クラウドワークスでは仕事数が多いので、すぐにお仕事を見つけることができるでしょう。

単価が安いお仕事も・・・

単価が安い仕事もあるので、割に合わないという話も聞きますが、まだ子供が小さくて外で仕事をすることができないというママたちにとっては、少ないながらも在宅で収入を得ることができるというメリットもあります。

最初は「0よりはマシ」と割り切ってライティングのスキルを磨いていくのもいいでしょう。ライティングのスキルが徐々についてきたら、単価の高いお仕事にトライしてみましょう!

仕事量の調整が簡単

仕事を受けるか受けないかは自分で決めることができますので、子育てや他の仕事の都合で仕事量を調整できるのは魅力的ですね。また、パートやアルバイトと違って、決まった時間に決まった場所に行く必要もないのが魅力の一つです。

オンラインなのでクライアントとの意思疎通をとるのが大変

クライアントとはメールやチャットワークなど、顔が見えないオンライン上でのやりとりになりますので意思疎通をはかるのが大変です。

なので、毎日時間を決めてログインし、メールをチェックする習慣を身に付けると良いでしょう。

クラウドワークスでよくあるトラブルと回避方法

クラウドソーシングで一番心配になってくるのが、報酬の受け取り方です。

仕事をしたけれど、相手から報酬がもらえなかったらどうしよう?と思う人もいるかもしれませんが、クラウドワークスでは「仮払い制」を採用しています。

クライアントは仕事を発注した時点でクラウドワークスに代金を先に支払います。

そして受注者が仕事を完了すれば、クラウドワークスからその代金が振込まれるという仕組みになっています。

クライアントと自分の間にクラウドサービスが入ってくれるので、報酬の未払いによるトラブルはほぼありませんが、それでも稀に未払いになるケースがあります。

それは、クライアントが仮払いをする前に、受注者が先に納品してしまうケースです。

操作に慣れていない最初の頃は、よくあるうっかりミスですが、あわてずに発注先からの先払いが完了したのを確認し、もし先払いが遅いようでしたら直接クライアントに問い合わせをするなどの慎重さが必要です。

また、トラブルというほどではないかもしれませんが、次のようなケースもあります。

ライティングの案件などでは書いた記事内容に対し発注先から「修正依頼」を求められる場合があります。

結果、何度も何度も修正依頼されて仕事が終わらないという不満の声も聞きます。

そのようなときは、自分のスキルが足りないせいだと思って頑張るか、諦めてキャンセルするかのどちらかになりますが、場合によっては明らかに悪意のあることもあるようなので、その時はすぐにキャンセルしましょう。

上記のようなケースを回避するために、仕事を受注する前にあらかじめクライアントのプロフィールや評価をしっかり確認することが大切です。

取引実績や評価(星の数)、評価の詳細に悪いコメントが載っていないかチェックしましょう。

クラウドワークスを使うのがおすすめの人とは?

前述のとおり、クラウドワークスのサービスを利用すれば、誰もがすぐに希望の報酬を得ることができるというわけではありませんが、すでに特化したスキル・実績をお持ちのフリーランスの人や、他に収入があり時間に余裕のある人でしたらすぐにでも始めてみていいかもしれません。

また、今はスキルや実績がない人でも、コツコツ頑張ればやがてその身に付けたスキルでフリーランスとして独立することも可能です。

ただし「家に居ながら収入が得られる」と、安易に考えて闇雲に飛び込むことはやめましょう。在宅ワークとはいえ仕事であることには変わりはなく、他の仕事と同じように責任を伴う重要なものなのです

クラウドワークスとランサーズ、どちらがおすすめ?

最後に、クラウドソーシングサービスには「クラウドワークス」と並ぶ「ランサーズ」という会社もあります。

案件数はクラウドワークスの方が多いですが、より高い専門性を求める案件はランサーズの方が多い気がします。(あくまで主観ですが・・・汗)

登録するだけでしたらどちらも無料ですので、両方登録して、より自分に合った仕事や納得のいく報酬がもらえる仕事を探してみてはいかがでしょうか。

ただし、ダブルブッキングしないように気をつけましょうね。